京都大学 文学部 文学研究科 歴史基礎文化学系日本史学専修(六甲高校出身)

一方的に教える側から教えるのではなく、生徒が分かっているかどうかを確認しながら進めていきたい。また、指導が単純で一定の作業の繰り返しになると生徒が退屈することになるので、指導内でも音読を挟むといったアクセントをつけることを意識して生徒を飽きさせないように工夫する。