京都大学 工学部 物理工学科(兵庫県立神戸高等学校総合理学科出身)

受験やテストにおいて、応用部分ではなく、基礎部分の出来で点差がつく場合が殆どです。そのため、基礎基本を固めるために、同じ問題を複数回解けるように指導しております。  よく基礎基本を安易なものだと思われますが、基礎は重く堅苦しいものです、それを固める作業も決して心地よいものではありませんが、成績をあげる一番の近道のため、いつも怠りの無いように気をつけてます。  また勉強時間ではなく、勉強した量が重要です。従って勉強時間を決めることはあんまりしません(勿論目安としての時間は提示する時はありますが)早く効率よくやれば余った時間を娯楽や趣味に使えますので自ずと考えて工夫して取り組むことができます。